タバコの有害成分

タール

タールという言葉自体はさまざまな別の物質の呼び名として使われますが、別名:ヤニ(たばこの煙のうち、一酸化炭素やガス状成分を除いた粒子状の成分) といいます。 
タールとは黒から褐色の油状の液体です。
大部分のタールは石炭か石油で作られています。怖いことにこのタールは、
喫煙時にフィルター開封時に誤って触感があると濃度が広まってしまう可能性があります、タバコを吸い続けることで肺を黒くさせたりし、ニコチンをはじめとする有害物質や発がん性物質が数多く含まれており、代表的なものには ベンツピレン、アミン類、NNKなどがあり、他にもがんを引き起こす可能性のある物質が60種類以上含まれています。喫煙を続けることで体内のビタミンCやEを破壊します。
〝タバコが好きだ〟どうしても吸いたい、タバコをやめるくらいだったら「低タールたばこ」ならいいと思いがちですが、製品に記載のタール量は一定の測定法による 測定値が相対的に低いというだけで、たばこに含まれるタールが少ないから数値を減らせば安心だというわけではありません。
身体に取り込まれるタールの量は吸い方によって変わるため、もちろん害が少ないわけではありません。

ニコチン

ニコチンは血管にダメージを与え、悪玉コレステロールを取り込みやすくさせます。
タバコがやめられなくなる原因になっているほか、体内の血管を細くし、心臓に負担をかけたりします。 ニコチン (nicotine) は人体に対して 神経毒としての有害性は持つが、ニコチン自体に発癌性はありません。どちらも体に良くないんですよ。

一酸化炭素

血液中で、酸素を運ぶ能力を低下させます。
息切れ、スタミナ不足、老化、肌荒れ、運動能力の低下などを起こしたりします。
そのため運動能力の低下や、動脈硬化を促進します。
禁煙・卒煙ネット All rights Reserved