禁煙することのメリット  -日常生活編-

禁煙をはじめてから、早い段階で効果が得られるものを実際に体験することによって、さらに禁煙を続けようとモチベーションを高めていくことが大事だと思います。
思いのほかに早く禁煙への道が広がり、これまでよりももっといいことをたくさん体験できるはずです。

薄味に慣れることができる

薄味

タバコ吸っていると味覚が鈍りますよね。
知らない間に濃い味付けになっていたりするものです。
これを感じられるようになるまでには、少々時間がかかったかもしれません。

においに敏感になる

臭いに敏感になる

タバコを吸っている人は気がつかなくても、吸わない人はにおいには敏感なものです。
いざ、自分がタバコをヤメてみると、「自分はこれまでこんなにタバコ臭かったんだ・迷惑をかけていたかもしれない」と思うようになりました。
スーツやコートはクリーニングに出したり、消臭スプレーやファブリーズをするなどするとよいでしょう。
ただし、禁煙していても、パチンコ店や煙の多い喫茶店などに入ったら、もちろん匂いが付いてしまいますね。

口がすっきりする

タバコを吸ったことによる口臭がなくなりました。
朝は起きてすぐ、コーヒーを飲みながらタバコを吸うのが日課になっていました。
コーヒーとタバコが混ざったニオイって、周囲の人からするとイヤなものですよね?
いくら歯磨きしても、どうしても残ってしまいます。

また、お酒を飲む時も、タバコを吸いながらだと余計おいしかったりしますが、一方でニオイには注意が必要です。
でも、タバコをやめればそれを気にする必要がなくなります。

機嫌がよくなる

機嫌がよくなる

禁煙後しばらくは、タバコが吸いたくて、イライラすると思います。
タバコを吸うことが気分転換になったり、イライラ解消になったりするから、タバコを吸い続ける方も多いと思いますが、それは、禁煙開始直後のことです。
ある程度時間が経過すれば、それは逆転します。
体調がよくなったり、禁煙の効果をいろいろと実感した後のことなのですから、タバコを吸わない方が、イライラしなくて済むのです。

火の心配をする必要がなくなる

火事 寝タバコ

結構、盲点かもしれません。
寝タバコはもってのほかですが、火の後始末は大事ですよね。
でも、これってタバコを吸わなければ心配する必要がないわけなんですね。

テーブルの上が汚れにくくなる

テーブルの汚れ

室内でタバコを吸うときはテーブルの上に灰皿を置いて吸うのが主流ですよね。
いくら注意しても、タバコの灰が灰皿に入りきらなかったり、ちょっとした風で飛んでしまったりと、テーブルを汚す原因になっているわけですが、タバコを吸わなければ、そのような心配もいらないわけですね。

タバコを吸う場所を探さなくて済む

場所探し

外出時にタバコを吸う人は、禁煙スペースや喫煙所、灰皿のある場所を探そうとそわそわそわそわしている様子を伺えます。
飲食店やレストラン、空港や新幹線などの乗り物、駅のホームなど、喫煙スペースがあるかどうかなどを到着後即チェックしておかなければならないのは結構神経を使うと思います。今は禁煙場所が多いですよ。

禁煙・卒煙ネット All rights Reserved