軽いタバコに切り替えても

ニコチンやタールの少ない「軽い」タバコを害の少ないタバコと思っている喫煙者がいます また重いタバコから軽いタバコに切り替えを考える喫煙者もいらっしゃると思います。
パッケージ表示のニコチンとタールの値は機械で測定されたもので、人間が喫煙する場合は、 吸い込みの強さや頻度、取り入れる煙の量など異なるので、 機械の出した数字と実際に喫煙者の体内に入るタバコの煙のない容量とはあまり関連がないのです。

減煙

タバコを吸い続けると心配~慢性閉塞性肺疾患(COPD)
COPDって何?それは、長期間気道が閉塞状態になってしまう病気の総称です。喫煙者にかかりやすく加齢やウイルス感染などがあります。COPDの原因は、長引く咳、痰、息切れ、の1つとタバコを吸うことで肺に負担がかかってしまう2つが挙げられていることです。また他人のたばこの煙を吸わされること(受動喫煙)も発症の原因となる可能性が指摘されています。肺機能は加齢とともに、低下していきます。喫煙する機会を減らし、今からでも遅くはありません予防しましょう。
禁煙・卒煙ネット All rights Reserved